世界の上質珈琲

モカ・イルガチェフェ

焙煎度合

中煎り

香味チャート

甘さ:★★★★☆ 苦味:★★☆☆☆
酸味:★★★★★ コク:★★★★☆

モカ・イルガチェフェとは

モカ イルガチェフェとは コーヒー発祥の地とされるエチオピア産のモカ。イルガチェフェとは、現地の言葉で「湿地とその草」を意味します。その言葉通り、この地域は水源に恵まれている為エチオピアで一般的な非水処理ではなく水洗処理を用いることで、このイルガチェフェが栽培されているシダモ地方のコーヒーは特に高品質とされ、「珈琲の貴婦人」の異名を持ちます。小規模農家によって収穫された赤い実は、水洗工場(ウオッシング・ステーション)搬入前に選別され、熟度の良いものがタンクに投入されます。赤い実はマッキノン製のディスク式パルパーで皮むきされ、水流によってパーチメントは分類されます。パーチメントは醗酵槽に導かれ、そこで約36時間の醗酵処理、水路での水洗、約半日のソーキング、そしてパーチメントの水を切り、アフリカンベッドで天日乾燥します。天日乾燥中に不良なパーチメントは手選別され、更に精製されます。パーチメントを休ませたのち、首都アディスアベバの脱殻工場(ドライミル)にパーチメントが搬入され、不純物除去、脱殻、比重選別、ハンドピックを経て精製され、生豆は麻袋に充填され、輸出されます。最大の特徴であるフローラル系の香り、甘く爽やかなモカフレーバーにまろやかな酸味が印象的で、一般的なモカが苦手という方にもお試し頂きたい世界の上質珈琲です。

エチオピアってどこにあるの?

エチオピア連邦民主共和国(エチオピアれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称エチオピアは、東アフリカに位置する連邦共和制国家である。東をソマリア、南をケニア、西を南スーダン、北西をスーダン、北をエリトリア、北東をジブチに囲まれた内陸国です。

おいしいコーヒーの淹れ方

1人当りのコーヒーの量 10g〜12g
注ぐお湯の量 140〜160cc
注ぐお湯の温度 90℃前後
※ コーヒーの量・注ぐお湯の量はあくまでも目安ですので、お好みに応じて加減してください。
1.沸騰したお湯を中心から円を描くように粉全体に少しずつ注ぎ、20秒〜30秒蒸らします。
2.次に粉全体にむらなく3〜4回に分けてお湯を注ぎます。
3.できあがりの分量までコーヒーが落ちたら、ドリッパーをはずします。

藤田珈琲のおいしさの理由

珈琲のこだわり

古代より人々を魅了してやまないコーヒーの奥深い味わいは、「香り」「苦味」「酸味」「甘み」などの要素が複雑に絡み合って完成されます。当店では、創業以来、社長の藤田自ら幾度と無く原産地に赴き、農園を巡って品質や味、香りのテイスティングを重ね、納得のいく条件をもつ農園とだけ取引を行い、良質な生豆を確保することで低価格でありながら品質に妥協のない製品をご提供する事ができています。


1963年、大阪の四ツ橋に喫茶店「イーグル150」が誕生しました。創業者・藤田孟(フジタハジメ)が戦争で田舎に疎開した両親を再び大阪に呼び戻す為に始めた事業がコーヒーを焙煎・提供する喫茶店でした。「 あの頃な、ぎょうさんお客さんが来はったんやで。 社長もシュッとしてて、ようモテてたんやで」 と、妻である藤田珈琲専務 藤田公子が話すように、大変人気のある喫茶店だったようです。時は流れ、現在は「 喫茶店卸・スーパー様や問屋様への卸し、インターネット販売 」を行う藤田珈琲ですが、原点である喫茶店の頃のこだわりは強く持ち続けております。

特殊バルブ (酸化防止逆止弁)



コーヒーは、焙煎され、パッケージされた後も常に呼吸しており、二酸化炭素(炭酸ガス)を排出し続けています。しばらく経つと袋がパンパンに膨れるのはそのためです。アロマフィンバルブを取り付けることで、コーヒー豆が排出する二酸化炭素を袋の外へ放出します。さらに、コーヒー豆を酸化させる空気中の酸素の侵入も防ぐ役目も果たすので、コーヒー豆の鮮度と美味しさを保ちます。

会社概要

藤田珈琲株式会社 ( Fujita Coffee )

本社所在地 : 大阪府東大阪市高井田西3-6-15
東京営業所 : 東京都品川区豊町6-6-13 1F
奈良結崎工場 : 奈良県磯城郡川西町大字結崎1533-1
お客様相談室:0120-422-407[平日9:00-17:00]
公式ホームページ : http://fujitacoffee.co.jp

↑ PAGE TOP